白内障と緑内障は似ているようで違う【目のトラブル究明隊】

Health Beauty

仕組みが違う

白内障を知る

パソコンやスマートフォンを長時間利用する機会が増えてきている現代では目のトラブルも多く発生しています。目のトラブルの中でも水晶体が曇って目が見えにくくなるという病気があり、特に加齢が進むと発生しやすくなるのが白内障です。白内障の場合は早い人であれば40代になると発症するといわれており、遅い人であれば80代になってかかる人もいます。白内障の場合は治療ができるのが特徴で、最近では治療技術も向上しているので、高齢者でも安心して手術を受けることが可能です。白内障は加齢が進むとほとんどの人が発症すると言われているので、もし白内障と診断されても早めに手術で治療を行えば治すことが可能です。

緑内障を知る

目の病気としてよく耳にする白内障と似た症状である緑内障は、白内障と根本的なトラブルの原因が違うと言われています。白内障が加齢で発生するのに対して緑内障は若い世代でも発症しやすい病気となっています。緑内障の場合、放っておくと進行し、場合によっては失明のリスクも伴うので早期発見早期治療が大切です。最近では白内障や緑内障の可能性があるかチェックできるサイトも多く誕生しています。しかしながら、緑内障の場合は自分では中々気づきにくいので、早期発見するためにも定期的に眼科で診てもらうようにすると良いでしょう。眼科にしばらく行っていない人も、年に1回は検診を受けるようにすることが大切です。

水晶体の変化

目の病気に白内障と緑内障があり、それぞれに原因と治療方法があります。そして現在では、どちらも点眼薬で進行を遅らせることができたり、手術などで完治できる病気になっています。それは目の病気に対する解明がされつつあるからです。

中高年の病気

中高年になると目の病気として白内障や緑内障になりやすくなりますが、サプリ利用などの工夫をすることで発症リスクを下げる事が出来ます。また中高年世代になったら眼科に定期健診をしたほうが良いため、これらの情報を事前に知っておくととても便利です。

手術をする

目のトラブルの白内障や緑内障はそれぞれで治療方法や治療費用が異なります。白内障に比べると緑内障の方が治療期間が長く、治療費用も高くなります。日頃から目を労った生活を送ることが大切です。