白内障と緑内障は似ているようで違う【目のトラブル究明隊】

水晶体の変化

目が白くぼやける病気の原因と治療方法

目の病気に白内障と緑内障があります。 まず白内障は目の水晶体が白く濁ることによって、景色が白くぼやけて見えます。 最初の症状として、光がまぶしかったり、物が二重に見えるなどの症状を感じることが多いです。 そして白内障の場合は加齢による原因が主であり、高齢者に多く見られる目の病気になります。 また紫外線が原因になることも分かっていて、目に紫外線を入れないようにすることで防ぐことができます。 しかし白内障の場合は、白く濁った水晶体を入れ替える手術をすることで、元のように景色がくっきりと見えるようになります。 しかも手術は短時間で済むため、身体の負担がほとんどなく、日帰りで手術を受けることができます。 また点眼薬で症状を遅らせることもでき、治療が確立した病気になります。

目の視野が欠ける病気の原因と治療方法

一方、緑内障は目の視神経に異常をきたすことで、目の視野が欠ける病気になります。 そして視野が欠けても、脳や視野が欠けていない方の目が景色を補うことで、気がつきにくい病気になります。 しかし現在では、緑内障になりやすい目の状態が解明されつつあり、検査で発見することにより緑内障を防ぐことができるようになっています。 さらに緑内障の治療方法として、まず眼圧が高い場合は点眼薬で眼圧を下げることで進行を遅らせることができます。 この場合、点眼薬だけで緑内障にならずに済むこともあります。 また早期に発見された場合は、レーザー治療で進行を食い止めることも可能になってきています。 そのため緑内障になった場合でも悲観することなく、症状の程度によって治療方法を選ぶことができるようになっています。 そして白内障も緑内障も早期発見が大切になるため、定期的に検査をすることが必要です。